更新履歴

▼をクリックすると更新された内容の冒頭部分がご覧になれますので、久しぶりのご訪問の方はこちらで未読・既読のご確認ができます

【  2015年12月  】 

スポンサーサイト

スポンサー広告

--.--.-- (--)

PageTop▲

「不思議な夜に 最終回」キュヒョン×イトゥク

不思議な夜に

2015.12.09 (Wed)

「でもヒョンだって興奮したでしょう?」「あんなことされたらな」と言って、自分の頬が染まるのが分かった。その俺の顔を見て、キュヒョンの表情から硬さが抜ける。キュヒョンが言う。「でも確かに、なんとなくそういう気はしてました。実はすごい心臓がどきどきするし」「聞こえてたよ」言って笑った。お前が、提案してきた時も、どれだけ涼しい声であっけらかんとしてたって、あれだけ抱き締められてたら、その鼓動は十分伝わっ...

PageTop▲

「不思議な夜に14」キュヒョン×イトゥク

不思議な夜に

2015.12.08 (Tue)

「キュヒョン。だめだ、待て」「待ちます」俺の声の調子が変わったのを感じ取ったキュヒョンがまた座った。寝転がったまま、その顔をじっと見つめる俺とは酔いもさめたのかもう目を合わさない。目も合わせずに、俺の言葉を待っているキュヒョンを俺はしばし眺めた後、起き上がって座った。「キュヒョン」「はい」「お前、明日の夜来てどうするの?」「話します」「それだけじゃないだろ。お前はきっと、前回と今回と同じことすると...

PageTop▲

「不思議な夜に13」キュヒョン×イトゥク

不思議な夜に

2015.12.07 (Mon)

「はあ、はあ」呼吸が整わない。整わないのは、拭かれた後も俺の頭を撫でながら、まだ抱き締めているキュヒョンの身体の重みに肺が圧迫されているからだ。「キュヒョン、苦しいって」「あ」と、言って少し体を浮かせた。見上げる俺と目が合うと、キュヒョンは視線を泳がせながら、今度は起き上がって体を離す。そして、まだ息が整わず、寝転がっている俺に、またあっけらかんとした顔で言う。「明日はちゃんと話しましょう。という...

PageTop▲

「不思議な夜に12」キュヒョン×イトゥク

不思議な夜に

2015.12.06 (Sun)

キュヒョンの手が、何も言わなくても俺の需要に正確に動きを合わせた。ずっと自分から出てる粘液の音が聞こえる。気持ちよくてもう何も出来ない俺を、きしむ音が聞こえそうなほど抱きしめて来る。キュヒョンの応対とこの状況に、これは本当にどうにかしないと、と焦りが生まれた。声を漏らしながら、視界にある顔を見直す。俺をじっと見つめて、頬を色づかせて、俺が反応するたびに小さく息を吐いている。その興奮が伝わる。耐えき...

PageTop▲

「不思議な夜に11」キュヒョン×イトゥク

不思議な夜に

2015.12.04 (Fri)

「ヒョン」「待て」「待ちます」目の据わったキュヒョンが俺の次の言葉を待った。酒の入ったコップを置いて、酔いで力の入らなくなってきた片一方の手のひらをこの弟に向けて言う。「変な事するなよ」「変な事って?」キュヒョンも脇にコップを置く。「だから、」と言いながら、自分で思い出してしまって顔が熱くなった。「変な事って何ですか?」俺を見つめるキュヒョンの目が変わってくる。「だから、もういいだろ」言おうとする...

PageTop▲

前月     2015年12月       翌月

更新履歴カレンダー

11 ≪│2015/12│≫ 01
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

月・日を選んでクリックすると
更新履歴が表示されます。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。