更新履歴

▼をクリックすると更新された内容の冒頭部分がご覧になれますので、久しぶりのご訪問の方はこちらで未読・既読のご確認ができます

【  2017年03月  】 

スポンサーサイト

スポンサー広告

--.--.-- (--)

PageTop▲

「Magic最終話」キュヒョン×イトゥク(本館と同一)

Magic

2017.03.10 (Fri)

イトゥクはそうして、俺を振った。頼るものがなくなった重い体で、今日も念入りな女装をしているのだろうか。ーー今から約20年前。「フェルマーの最終定理」が証明された。世界で一番難しいとされた数論は、360年間、無数の数学者の頭を悩ませてきた。数学は、証明だ。必要なのは矛盾のない、完全なる証明。それが無ければ難問には立ち向かえない。けれど長い間に、命を落とした者もいれば……立ち向かうことを諦めた人間もいる...

PageTop▲

「Magic4」キュヒョン×イトゥク(本館と同一)

Magic

2017.03.08 (Wed)

*フィクションですので、ご理解下さいますとありがたいです。核心に迫る前に、核心をつかれた俺は、「で、どうなるわけ?」と眠れない夜を過ごした。イトゥクは酒が効いたのか何なのか、背中を向けられてるから分からなかったけど、途中から寝息が聞こえたから寝られたのだろう。カーテンの外が明るくなって、白いTシャツの背中を見て一晩過ごした俺は、天国から一転、崖から飛び降りてしまって、ここが地獄なのかも良く分からな...

PageTop▲

「Magic3」キュヒョン×イトゥク(本館と同一)

Magic

2017.03.05 (Sun)

起きると、追い出すように外に出された気がするけれど、考えすぎだろうか。友人だって、次は何をするかなんて別れ際に話すと思うのだけど。また数日あけた方がいいだろうか。「先輩。一口下さい」にゅっと手が伸びてきて、ぼんやり見ていたスープを一さじ掬って行った。「冷めてる」「いたの?」いつ来たのか分からない後輩を見た。ミノは相変わらず、小さい頭で座高が低いのか、俺より背が高いのに目の高さが同じ位置で、正面に座...

PageTop▲

「Magic2」キュヒョン×イトゥク(本館と同一)

Magic

2017.03.02 (Thu)

イトゥクはそう言った。昨日のことを考えながら、やはり俺は、男にと言うかあの人に惹かれてるし、彼にも同じような気持ちになって欲しいと実感していた。でもイトゥクは男に興味がない。それに男同士では結婚も出来ないのだから、つまりゲイは恋愛感情がなくなればそこで関係は終了ってことなのだろう。未来の展望は暗い。突然やってきた俺の恋は前途多難もいいところだった。「はあ……」隣を見た。いつの間にか、俺が座る校内のベ...

PageTop▲

前月     2017年03月       翌月

更新履歴カレンダー

02 ≪│2017/03│≫ 04
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

月・日を選んでクリックすると
更新履歴が表示されます。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。