スポンサー広告

スポンサーサイト

 ←「不思議な夜に3」キュヒョン×イトゥク →「不思議な夜に5」キュヒョン×イトゥク
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
もくじ  3kaku_s_L.png 夢の続き
もくじ  3kaku_s_L.png 不思議な夜に
もくじ  3kaku_s_L.png SJ
もくじ  3kaku_s_L.png ご挨拶
もくじ  3kaku_s_L.png SJの短編
もくじ  3kaku_s_L.png EXO
もくじ  3kaku_s_L.png ヒチョルの手記
もくじ  3kaku_s_L.png 投票所
もくじ  3kaku_s_L.png Magic
もくじ  3kaku_s_L.png CNBLUEの短編
  • 【「不思議な夜に3」キュヒョン×イトゥク】へ
  • 【「不思議な夜に5」キュヒョン×イトゥク】へ
  • TB(-)|
  • CO(-) 
  • Edit

不思議な夜に

「不思議な夜に4」キュヒョン×イトゥク

 ←「不思議な夜に3」キュヒョン×イトゥク →「不思議な夜に5」キュヒョン×イトゥク

「男同士でそんなことしてどうすんだよ」


苦笑しながら逃げるように体を反らせたのに、キュヒョンはもっと間合いをつめてきた。

「だからどうなるか確かめてみたいんです」

「したことあるだろう?どうにもならなかったよ」

「あんな人が大勢見てる前でやるのじゃなくて、本気の」

「お前目が怖いよ」

また笑いながら後ろに下がると手首を捕まえられる。完全に目がすわっている。

「俺より酔ってんのか」

「どうでしょうね」

キュヒョンは全くひるまない。真顔で俺を見つめて、顔を寄せてきた。
後ろに下がりたいのに、捕まえられた手首のせいでできない。力が強くて、やっぱり俺の方が酔ってるのが分かった。

とっさに片手で防ぐ。

「待てよ!本当にどうしちゃったんだよ」

「ヒョン、こっち向いて」

向けるか!顔を背けて防御する。

「おっさんだぞ俺は!」

「おっさんじゃなくてトゥギヒョンでしょう」

顔の前に出した片手まで掴まれた。
また顔を近づけてくる。


「やめろって!」


顔を思いっきり背けると、ちょっと悩んだ表情をして、体重をかけてのしかかってきた。まさかここまで本気でくると思わなくて、もっと前に全力で抵抗しとけば良かったと後悔する。

完全に押し倒された。

背けないように両手で顔を抑えられて、恐怖さえ出てくる。顔が近付く。


「待て待て待て待て!」

「待ちます」


そう言ってその顔が少し離れた。いやいや、ここで言うこと聞くならもっと前で聞いてくれよ。
顔を両手で固定されたままキュヒョンを見上げる。というより怖くて目が閉じられない。キュヒョンもじっと俺を見ている。

「離れてよ」

「嫌です」


何でそこは聞かないんだよ!









つづく
↓ポチっとされますと励みに。
にほんブログ村 BL・GL・TLブログへ
にほんブログ村
スポンサーサイト


もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
もくじ  3kaku_s_L.png 夢の続き
もくじ  3kaku_s_L.png 不思議な夜に
もくじ  3kaku_s_L.png SJ
もくじ  3kaku_s_L.png ご挨拶
もくじ  3kaku_s_L.png SJの短編
もくじ  3kaku_s_L.png EXO
もくじ  3kaku_s_L.png ヒチョルの手記
もくじ  3kaku_s_L.png 投票所
もくじ  3kaku_s_L.png Magic
もくじ  3kaku_s_L.png CNBLUEの短編
  • 【「不思議な夜に3」キュヒョン×イトゥク】へ
  • 【「不思議な夜に5」キュヒョン×イトゥク】へ

~ Comment ~

管理者のみ表示。 | 非公開コメン卜投稿可能です。
  • 【「不思議な夜に3」キュヒョン×イトゥク】へ
  • 【「不思議な夜に5」キュヒョン×イトゥク】へ

INDEX ▼

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。