スポンサー広告

スポンサーサイト

 ←「不思議な夜に6」キュヒョン×イトゥク →「不思議な夜に8」キュヒョン×イトゥク
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
もくじ  3kaku_s_L.png 夢の続き
もくじ  3kaku_s_L.png 不思議な夜に
もくじ  3kaku_s_L.png SJ
もくじ  3kaku_s_L.png ご挨拶
もくじ  3kaku_s_L.png SJの短編
もくじ  3kaku_s_L.png EXO
もくじ  3kaku_s_L.png ヒチョルの手記
もくじ  3kaku_s_L.png 投票所
もくじ  3kaku_s_L.png Magic
もくじ  3kaku_s_L.png CNBLUEの短編
  • 【「不思議な夜に6」キュヒョン×イトゥク】へ
  • 【「不思議な夜に8」キュヒョン×イトゥク】へ
  • TB(-)|
  • CO(-) 
  • Edit

不思議な夜に

「不思議な夜に7」キュヒョン×イトゥク

 ←「不思議な夜に6」キュヒョン×イトゥク →「不思議な夜に8」キュヒョン×イトゥク

「一回ってことだったので」


そう答えたキュヒョンは熱で潤んだ目だった。俺もそうだろう。

「終わったから離れろよ」

恨みがましく睨んだ。

「はあ」

と返事したまま、キュヒョンは離れない。少しの間俺を見つめて、何も言わずその体をすいっと一回上に動かした。やっぱり硬くなってしまっていたのはバレていて、同じく硬くなったキュヒョンのがそれで擦り合わさった。

「やめろっ、ばかっ!」

恥ずかしいのと、あらたな刺激で自分の顔が真っ赤になる。

「すいません」

と全然悪く思っていない口調で、軽くキスされる。

「お前なあっ!」

「すいません、ヒョン」

少し笑いながら、またキスされる。俺が「こらっ」って声を上げる間も無いくらい今度は深いキスで、また俺は身体を痙攣させてしまう。

本当にやめたいのに、反応をとめられない。キュヒョンはそれも受け入れるように抱きしめてくる。

わざとこすりつけられて、完全に快感を感じてきたところで、俺の肩を掴んでいた片手が離れる。見ていたキュヒョンの顔が少し躊躇うように俺を見つめる。でも塞がれた口で声はかけられない。その瞬間、下着の中にキュヒョンの手入ってきた。

驚いて目を見開いたけど、キュヒョンは見てきながら気にせずキスを続ける。



「んーーッ!」








つづく
↓ポチっとされますと励みに。
にほんブログ村 BL・GL・TLブログへ
にほんブログ村
スポンサーサイト


もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
もくじ  3kaku_s_L.png 夢の続き
もくじ  3kaku_s_L.png 不思議な夜に
もくじ  3kaku_s_L.png SJ
もくじ  3kaku_s_L.png ご挨拶
もくじ  3kaku_s_L.png SJの短編
もくじ  3kaku_s_L.png EXO
もくじ  3kaku_s_L.png ヒチョルの手記
もくじ  3kaku_s_L.png 投票所
もくじ  3kaku_s_L.png Magic
もくじ  3kaku_s_L.png CNBLUEの短編
  • 【「不思議な夜に6」キュヒョン×イトゥク】へ
  • 【「不思議な夜に8」キュヒョン×イトゥク】へ

~ Comment ~

管理者のみ表示。 | 非公開コメン卜投稿可能です。
  • 【「不思議な夜に6」キュヒョン×イトゥク】へ
  • 【「不思議な夜に8」キュヒョン×イトゥク】へ

INDEX ▼

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。