スポンサー広告

スポンサーサイト

 ←「不思議な夜に12」キュヒョン×イトゥク →「不思議な夜に14」キュヒョン×イトゥク
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
もくじ  3kaku_s_L.png 夢の続き
もくじ  3kaku_s_L.png 不思議な夜に
もくじ  3kaku_s_L.png SJ
もくじ  3kaku_s_L.png ご挨拶
もくじ  3kaku_s_L.png SJの短編
もくじ  3kaku_s_L.png EXO
もくじ  3kaku_s_L.png ヒチョルの手記
もくじ  3kaku_s_L.png 投票所
もくじ  3kaku_s_L.png Magic
もくじ  3kaku_s_L.png CNBLUEの短編
  • 【「不思議な夜に12」キュヒョン×イトゥク】へ
  • 【「不思議な夜に14」キュヒョン×イトゥク】へ
  • TB(-)|
  • CO(-) 
  • Edit

不思議な夜に

「不思議な夜に13」キュヒョン×イトゥク

 ←「不思議な夜に12」キュヒョン×イトゥク →「不思議な夜に14」キュヒョン×イトゥク

「はあ、はあ」

呼吸が整わない。整わないのは、拭かれた後も俺の頭を撫でながら、まだ抱き締めているキュヒョンの身体の重みに肺が圧迫されているからだ。

「キュヒョン、苦しいって」

「あ」

と、言って少し体を浮かせた。見上げる俺と目が合うと、キュヒョンは視線を泳がせながら、今度は起き上がって体を離す。

そして、まだ息が整わず、寝転がっている俺に、またあっけらかんとした顔で言う。

「明日はちゃんと話しましょう。ということで明日の夜も来るので」

「おい、待てよ!」

キュヒョンは立ち上がる。

何でこういう時、言うこと聞かないんだ!


でも、これだけ弟に翻弄されながらも、俺はリーダーだし、年上だし、男だから、

もうそれでは済ませられない。
はっきり言わないといけない時だってある。


まったく変な夢見せやがって。

これからどうするんだよ。


息を整わせながらも俺はため息をついた。









つづく
↓ポチっとされますと励みに。
にほんブログ村 BL・GL・TLブログへ
にほんブログ村
スポンサーサイト


もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
もくじ  3kaku_s_L.png 夢の続き
もくじ  3kaku_s_L.png 不思議な夜に
もくじ  3kaku_s_L.png SJ
もくじ  3kaku_s_L.png ご挨拶
もくじ  3kaku_s_L.png SJの短編
もくじ  3kaku_s_L.png EXO
もくじ  3kaku_s_L.png ヒチョルの手記
もくじ  3kaku_s_L.png 投票所
もくじ  3kaku_s_L.png Magic
もくじ  3kaku_s_L.png CNBLUEの短編
  • 【「不思議な夜に12」キュヒョン×イトゥク】へ
  • 【「不思議な夜に14」キュヒョン×イトゥク】へ

~ Comment ~

管理者のみ表示。 | 非公開コメン卜投稿可能です。
  • 【「不思議な夜に12」キュヒョン×イトゥク】へ
  • 【「不思議な夜に14」キュヒョン×イトゥク】へ

INDEX ▼

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。