スポンサー広告

スポンサーサイト

 ←「不思議な夜に1」キュヒョン×イトゥク →「不思議な夜に3」キュヒョン×イトゥク
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
もくじ  3kaku_s_L.png 夢の続き
もくじ  3kaku_s_L.png 不思議な夜に
もくじ  3kaku_s_L.png SJ
もくじ  3kaku_s_L.png ご挨拶
もくじ  3kaku_s_L.png SJの短編
もくじ  3kaku_s_L.png EXO
もくじ  3kaku_s_L.png ヒチョルの手記
もくじ  3kaku_s_L.png 投票所
もくじ  3kaku_s_L.png Magic
もくじ  3kaku_s_L.png CNBLUEの短編
  • 【「不思議な夜に1」キュヒョン×イトゥク】へ
  • 【「不思議な夜に3」キュヒョン×イトゥク】へ
  • TB(-)|
  • CO(-) 
  • Edit

不思議な夜に

「不思議な夜に2」キュヒョン×イトゥク

 ←「不思議な夜に1」キュヒョン×イトゥク →「不思議な夜に3」キュヒョン×イトゥク

「本当に同じような出だしです」

キュヒョンの目が訝しむ。

「ここまででも同じなら相当なもんだよ」

「俺たちそんなん読みましたっけ?」

「どうかなあ。あ、水も持って来るか」

「とってきますよ」

「おー、お前も弟なんだな」


キュヒョンが部屋から出て行った。
久しぶりにあいつと飲んだけど、やっぱり酒強いな。

何杯だ?

「1,2,3」

指で数えてる途中でキュヒョンがペットボトルに水を入れて戻ってきた。

「お前それコーラの」

「これしかなかったんで、それより話の続きなんですけど」

せめて中洗って欲しかったけど、こいつがそんな事しないよな。

ほんのりコーラ味の水を飲んだ。


「その後キスして、いい感じになってくっつきました?」


「まあ、そうだよ」


水の後にまた焼酎を注いだ。
キュヒョンは水を飲まずに、また焼酎を注いで、呟いた。


「不思議すぎる」

「不思議どころの騒ぎじゃないよ。恐いよ」


本当に恐いと思ったのに、酒が回って来たのか笑ってしまう。
そんな俺をキュヒョンがちょっと困ったようにチラリと見た。

「トゥギヒョン酔ってきましたね?」

「まあな」

「水飲んでください」

空になったグラスにまた水をつがれた。


「そーいや、月見ました?」

「綺麗だったな。見るか?」


と言って窓の方を見る。


「いや寒くて、もーいいです」


確かにキュヒョンは長袖だけど薄手のトレーナー上下だった。
って俺も同じようなもんだ。

なんとなく沈黙が流れた後でキュヒョンが独り言のように呟いた。


「トゥギヒョン。帰ってきてくれて良かった」


それを聞いて小さく笑う。

「お前何回言ってんだよ」

2年以上アイドル生活から離れて、公役に行ってきた自分が頭をよぎったけど、酔いのせいか深くは思い出さなかった。

キュヒョンを見ると、少し照れたような嬉しそうな顔でコップに口つけていて、俺もなんだか嬉しくなって、また酒を注いだ。








つづく
↓ポチッされますと励みに。

にほんブログ村
スポンサーサイト


もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
もくじ  3kaku_s_L.png 夢の続き
もくじ  3kaku_s_L.png 不思議な夜に
もくじ  3kaku_s_L.png SJ
もくじ  3kaku_s_L.png ご挨拶
もくじ  3kaku_s_L.png SJの短編
もくじ  3kaku_s_L.png EXO
もくじ  3kaku_s_L.png ヒチョルの手記
もくじ  3kaku_s_L.png 投票所
もくじ  3kaku_s_L.png Magic
もくじ  3kaku_s_L.png CNBLUEの短編
  • 【「不思議な夜に1」キュヒョン×イトゥク】へ
  • 【「不思議な夜に3」キュヒョン×イトゥク】へ

~ Comment ~

管理者のみ表示。 | 非公開コメン卜投稿可能です。
  • 【「不思議な夜に1」キュヒョン×イトゥク】へ
  • 【「不思議な夜に3」キュヒョン×イトゥク】へ

INDEX ▼

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。