スポンサー広告

スポンサーサイト

 ←「Magic3」キュヒョン×イトゥク(本館と同一) →「Magic最終話」キュヒョン×イトゥク(本館と同一)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
もくじ  3kaku_s_L.png 夢の続き
もくじ  3kaku_s_L.png 不思議な夜に
もくじ  3kaku_s_L.png SJ
もくじ  3kaku_s_L.png ご挨拶
もくじ  3kaku_s_L.png SJの短編
もくじ  3kaku_s_L.png EXO
もくじ  3kaku_s_L.png ヒチョルの手記
もくじ  3kaku_s_L.png 投票所
もくじ  3kaku_s_L.png Magic
もくじ  3kaku_s_L.png CNBLUEの短編
  • 【「Magic3」キュヒョン×イトゥク(本館と同一)】へ
  • 【「Magic最終話」キュヒョン×イトゥク(本館と同一)】へ
  • TB(-)|
  • CO(-) 
  • Edit

Magic

「Magic4」キュヒョン×イトゥク(本館と同一)

 ←「Magic3」キュヒョン×イトゥク(本館と同一) →「Magic最終話」キュヒョン×イトゥク(本館と同一)
*フィクションですので、ご理解下さいますとありがたいです。


核心に迫る前に、核心をつかれた俺は、「で、どうなるわけ?」と眠れない夜を過ごした。

イトゥクは酒が効いたのか何なのか、背中を向けられてるから分からなかったけど、途中から寝息が聞こえたから寝られたのだろう。

カーテンの外が明るくなって、白いTシャツの背中を見て一晩過ごした俺は、天国から一転、崖から飛び降りてしまって、ここが地獄なのかも良く分からなかった。

そして時刻は8時くらいに、イトゥクが肩を震わせた。


「寝れなかったんだ?」


後ろを向いた体勢で笑われる。「はい」と俺にはもう何も隠すものはなくて答えた。


「シャワー浴びて飯食いに行こう」


俺から浴びて、イトゥクの支度を待っている間、昨日は勢いあまってタメ口聞いたとか、色々と思い出して頭を抱え込む。

当然甘い雰囲気なんか一切ないし、このままなかったことにしてくれれば良いけど、もし俺が逆の立場で、イトゥク以外の男にそんなことされたら、やっぱりそこは放っておけないし、友人として一緒にいるのは難しい。

この驚愕な俺の恋は一か月も経たないうちに終わりを迎えるのか。


「お待たせ」


ダイニングチェアーで食卓に向かわず、リビングに向きを変えて頭を抱え込んでいた俺は、声がかかって、振り返る。

どっちもイトゥクなのに、どうしてもその姿に複雑な気持ちになりながら、眺めた。

何かが塗られた頬の下でえくぼが出来る。

やっぱり綺麗だと思った。


「まだ酒抜けないよ」


朝でも、昼でも関係なく、イトゥクは女装をするのだろう。

アスファルトを踏むクリーム色のかかとを見下ろしながら、後ろからついて行く。

お互い長い丈のダウンコートを着ていても、イトゥクの女装は出ているところまで全部だから、大体誰もが振り返る。


「俺は抜けました。そんなに飲んでもなかったんで」


ここまで来たら酒のせいになんか出来ないし、したくない。

イトゥクが脚を止めて振り返った。亜麻色の髪が天気の良い朝に光っている。


「なんか買って、海で食おうか」


行きに開いていたパン屋で、パンとボトルのジュースを買って、いつもの防波堤に来た。
海に来たけど、海を背にして、ロープのように横に張られた金属のポールに腰をかけて食べた。


「春だなあ」


卵の輪切りが乗ったパンを食べながらイトゥクが見廻して言った。


「寒いですけどね」


俺は温かいスープが飲みたいと思った。声を出して笑われた。


「でも、もう三月だろ」


ジュースを飲む横顔を見ながら、昨日どうにかして口にもすれば良かった、と自暴自棄になる。
やけになって、やたらねちゃねちゃするパンにかぶりつく。このパンはまずい。


「そうですね」


「早く食べ終わらないと、かもめがお前のパン狙ってるぞ」


いつの間にか後ろをかもめの群れが飛んでいて、人間以外の動物が苦手な俺は、背中を丸めて、まずいパンの残りを口に押し込んだ。
髪を揺らしながら、イトゥクは笑ってジュースを飲んでいる。


「小学生の時、良く海に連れて来て貰ってたけど、俺の親父も、かもめ苦手だったよ」


まだ後ろに警戒しながら、「そうですか」と返して俺もジュースで流し込んだ。


「じゃあ、行くか。送るよ」


イトゥクがボトルを、女物のバッグに入れて立ち上がった。俺は飲んでいた手を止めて座ったまま、見上げた。

心臓がばくばくとし出した。紺色のダウンコートの下に冷や汗が出てくる。


「もっとゆっくりしても、大丈夫ですけど」


「もう食べたろ?バス停まで送るよ」


ここで無理は言えないし、微笑んでいるイトゥクに従って、ぼうっと腰を上げた。
向こうに見えるバス停まで、並んで歩き始める。
嫌な予感がする。


「あの、今度、作曲したの聞かせて下さい」


苦笑する顔を横目で伺う。


「もうどこに行ったか分からないし」


今度はないよ。と言われて、俺は足を止めた。
イトゥクもそれに合わせて止まった。二人とも顔だけ向けて、見つめ合った。


「……何で、今度はないんですか?」


鼓動が酷い。倒れそうだ。


「理由分かってるだろ」


「俺が、男だからですか?」


イトゥクが一瞬口をつぐんだ。食事で塗られていた何かが取れてしまっても、唇は艶々していた。周りに人がいない海沿いの通りでも、こんな明るい中では、その姿は異様に見えた。


「お前が、女でもだよ」


俺は顔をしかめる。


「……何で?」


「誰でも、駄目なんだよ」


呟いた表情が悲しそうに歪んで、俺は眉を寄せた。今まで付き合って来た彼女達よりも綺麗にカールされた睫毛の目元が震えている。


「……どっかカフェでも」


「入らない。お前とはもう会わない」


胸が痛くて、眩暈がする。とうとう俺は振られている。


「俺、好きとか言わないんで」


「女装仲間としてなら、会っていいよ」


震える目のまま、にやりと口の端を上げられた。


「……それでも、良いんで」


絶対嫌だけど。


「嘘つけよ。お前のためにも、俺のためにも、これからは会わない方が良い」


「嫌です」


「嫌でも、もう関わらないでくれ!」


いきなり強く言われて、見つめ合っていた瞳を潤まされて、息を止めた。


「俺は、この格好さえ出来れば楽しく生きられるんだよ」


イトゥクが俯いた。アスファルトに小さな染みが出来た。


「これがないと、重くて動けなくなる」


染みがぽたぽたと拡がった。俺は目を見開いて、それを見つめた。


「どうしようもない……親父だったのに」


土下座するようにイトゥクが座り込んだ。その亜麻色の後頭部を見ながら、急に話題を変えられたことにも、ついて行けず眉をひそめる。


「借金作って、俺が働いて返すしかなくて、それなのにやっと返し終わったら、酒飲み過ぎて死んじゃった」


唾を飲みこんだ俺の足元で、長い髪が潮風に揺れている。


「連絡も全然しなかったのに。不器用で、本当にどうしようもない父親だったのに。いなくなったら、重くて重くて、体が動かなくなった。責任押し付けられたと思ってたのに、男親って不思議だよ。あんなんでも俺はどこか頼ってたんだ」


時々嗚咽が漏らされる中、唾液やら色んなものが、地面に落ちたり、きらきら光っている偽物の髪にもひっついていく。後ろのハイヒールは脱げかけている。

突っ立ったまま、俺は呆然と眺めていた。

涙を拭おうとするから、その手に貼り付いて、綺麗に巻かれていた髪はぐしゃぐしゃと絡んだ。


「親父がいなくて、重くて仕方ないんだ。でも、この姿になると楽になるんだ。全部軽くなる」


良く見たら、ハイヒールのかかとがすり減っている。出会った時は、そんなことなかった気がするけど。

男の体重を支えるには、一体どのくらいの頻度でそれは買い替えられるのだろう。


「これさえあれば、俺はすごく軽くなる」


太い男の指に、長い亜麻色の髪が濡れながら、一層絡んではりついて行く。


だから、念入りにされた女装を解くように……


――この魔法を解いて。


イトゥクの心の声が聞こえても、俺は言葉が出ない。

だってこんなの、大学生の俺には荷が重すぎる。ただでさえ男との恋は初心者なのに。

女相手にだって、悪いけど逃げるだろう。

俺は立ち尽くして、泣き崩れるイトゥクをしばらく見つめたあと、でも、屈んでその頭に手を置いた。それから絡んだ毛を少し梳いた。

涙と鼻水で濡れた顔が上がる。

やっぱり綺麗だと思った。

だけど、イトゥクは、


「お前じゃ駄目なんだよ。何されても、お前とは今後会うつもりないから」


と言った。俺は悲しくて、つぐんだ口をへの字に曲げる。


「キュヒョン。もう行け」


首を横に振る。俺の方も目が潤んできた。

潮風が俺達の間をすり抜けていって、それと一緒に、イトゥクの背後をバスが通り過ぎた。


「お前が行かないなら、俺が行く」


地面に置かれたバッグを持って、立ち上がったイトゥクが走り出した。慌てて俺も追いかける。

人を降ろしながら、停車しているバスに、イトゥクが乗り込もうとして、すぐ後ろにいた俺を車内に押し入れた。

振り向いた俺に「連絡もするなよ」と言って、走り出した。

呆気にとられたまま、「お金!」と運転手に言われながら閉まっていくドアの外で、タクシーを捕まえて乗り込む姿を、見えなくなるまで目で追っていた。










つづく


↓ポチッとされますと励みに!
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
スポンサーサイト


もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
もくじ  3kaku_s_L.png 夢の続き
もくじ  3kaku_s_L.png 不思議な夜に
もくじ  3kaku_s_L.png SJ
もくじ  3kaku_s_L.png ご挨拶
もくじ  3kaku_s_L.png SJの短編
もくじ  3kaku_s_L.png EXO
もくじ  3kaku_s_L.png ヒチョルの手記
もくじ  3kaku_s_L.png 投票所
もくじ  3kaku_s_L.png Magic
もくじ  3kaku_s_L.png CNBLUEの短編
  • 【「Magic3」キュヒョン×イトゥク(本館と同一)】へ
  • 【「Magic最終話」キュヒョン×イトゥク(本館と同一)】へ

~ Comment ~

管理者のみ表示。 | 非公開コメン卜投稿可能です。
  • 【「Magic3」キュヒョン×イトゥク(本館と同一)】へ
  • 【「Magic最終話」キュヒョン×イトゥク(本館と同一)】へ

INDEX ▼

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。